「ほっ」と。キャンペーン
メインHP
カテゴリ
全体
イソバイド
仕事
平衡機能訓練
ヘルペスウィルス原因説
身近な人との関係
飛行機や乗り物酔い
漢方
生理・妊娠・出産
検査・薬
民間療法
病院・医者
生活習慣
車の運転
パソコンなど目からの影響
他の病気との関係
大きい音を聞く事
喫煙
発作の時のノウハウ
気圧、お天気との関係
メンタル
その他
未分類
検索
最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
bfEoNmXmいいです..
from bfEoNmXm大乱交スマッ..
YAOfhkzaいやマヂ..
from YAOfhkzaくれくれ厨
f52du8xhディープ..
from f52du8xhハメ次郎
お気に入りブログ
メニエルさんのひとりごと...
以前の記事
2010年 09月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「開き直る」
考えられる準備・対策を全部打ったときには、自然と「開き直れる」ようになると思います。
私の場合、メニエール発症からの1ヶ月間、こんなことをしました (^^ゞ

1. インターネットの病院・お医者さんのHPを山ほど巡り、自分の
  自覚症状やめまい、難聴一般に関する情報を収集。
2. ぐるぐるめまい発生と睡眠時間の関係を、自分の身体で検証
  (睡眠時間が4時間未満で薬無しだと、ほぼ100%発生を確認)
3. 禁煙と、寝る前のイソジンうがいを実施。
  (寝る前のうがいをサボると、翌日耳閉感が出ることも確認)
4. 視力検査をしなおして、眼鏡を新調。
5. 「万が一」用に、トラベルミンを常に携行。

これらの対策を打った後、仕事の都合で通院できず、トラベルミン以外の薬が切れたまま先週1週間を過ごす羽目になってしまいました。「イザという時の薬も持ってるし、自分で出来ることは全部やる。それで、ぐるぐるめまいが出たらそれまで」と思っていたら、一度も起こりませんでした。
[PR]
by meniere | 2006-08-27 05:24 | メンタル
ふわふわ感、頭重感などが、薄皮をはぐように・・・
発病は7ヶ月ほど前です。
最初の3ヶ月ほどは、めまい発作が頻繁に起き、入退院を繰り返しました。
外科的治療を提案されましたが、何か自助努力も必要かと考え、カルテと紹介状をもらって、訓練を取り入れているという別の病院へ行ってみる事にしました。

転院した病院では、チュービング処置の上、1週間の入院訓練を言い渡されました。
まず二人の目まい専門の先生がMRI始めあらゆる検査をして、原因を突き止めます。その後訓練が必要と認められた人を週単位で集め、こちらが圧倒されるほど熱心に指導してくださいました。

入院中は点滴と、メリスロン、サアミオン、セディール、ノイエルカプセルなどを服用しながら、10人程の仲間と、小脳を鍛えてめまいを克服するという、簡単な訓練を受けながら過ごします。
何しろ朝7時半、他科の診察室の電気もついていない時間から第1回目の訓練が始まり、あと夕食後を含めて1日5回3,40分づつ行います。その間には点滴、食事、シャワーなどあり結構忙しい一日です。
あらゆる年齢、あらゆる原因の目まいさんたちが同じ訓練をしますので、当然ばらつきがありますが、仲間が一緒にいるというだけでも励みになります。
1週間訓練してもすぐに効果が現れるというものではないと思いますが、少なくとも笑いの絶えない明るい雰囲気は、鬱の入り口からわたしを引き戻してくれたと思います。
退院しても最低3年間は訓練を続けてください、といわれていますが、訓練の中の、まっすぐ歩く、などは日常生活でもちょっと心がければ出来ますし、眼球を上下左右に動かす事などは、目だけのためにもとてもいいようです。
退院後5日目で残念ながらまた発作が起きてしまいましたが、それからちょうど4ヶ月。ふわふわ感、頭重感などが、薄皮をはぐような感じでなくなって行き(その間トラベルミンを2,3回服用したことあり)、今はほとんど普通に暮らせるようになっています。(片耳難聴、かすかな耳鳴り、時々耳閉感、などはある。)

私個人の感想をいえば、メニエールはこれだけで治る事はないけれど、発作や治療後のふわふわふらふらなどが確かに改善される事から考えると、何となくふらつくような目まいには効果があると思いますし、頭位、耳石の移動など物理的なものにはそれに対応した訓練があるし、心因性のものに対しては薬物投与とともに、仲間がいるという安心感が効果の一つになるかも知れません。
[PR]
by meniere | 2006-08-25 21:46 | 平衡機能訓練